ゴキブリポーカー レビュー Cock-Roach Poker

11月 20, 2011 by     No Comments    Posted under: カ行


ゴキブリポーカー メイン画像

ゴキブリポーカー Cock-Roach Poker

プレイ人数:2~6人対象年齢:8歳以上平均プレイ時間:15分

 

 

 

ゴキブリポーカーは、嫌われ者の虫たちのカードを嘘や本当を使い分けながら、他のプレイヤーへ押し付けるゲームです。

めい めい 仮画像 【プレイ回数:11回以上】なんか好きなんです。このハッタリ感が。(もちろん嘘つかない時もありますけど)自分で勝負つけるか、相手の判断に運命を任せるか。性格的にほとんど勝負します(笑)その分、負けが込むことも増えますが。ま、それでも意外と得意です。よく知ってる仲間とやると「本当にそうなんですね」とか揺さぶりをかけてみたり、嘘のつき方の特徴をからかってみたりして、余分なところで楽しさ倍増。でも、時間がかかります。(2011.11) 9点
元々のん 元々のん 仮画像 【プレイ回数:5回~10回】害虫(獣)なのにデザイン性の高い絵。かっこいいけど、他のゲームと違い、早く誰かに押し付けたい!!嘘をつく-見抜く、平静を装う、カードを開くかどうかの賭け時、など。ドキドキ要素がいっぱい。個人戦だけど、時に、特定の相手を狙って他メンバーが暗黙に協力しあうこともできる。いろんなことが起きて面白い。でも負けるし…!(2011.11) 7点
アルコリック 【プレイ回数:11回以上】「みんなが私を騙そうとしている」「人を信じた私がバカだった」etc疑心暗鬼、被害妄想炸裂ゲーム。でも、自己中なもので…自分がうまく誰かを困惑させた時には、意地悪な笑みが思わずこぼれてしまう〜ψ(`∇´)ψ その時の“してやったり感”はたまりませんな〜!
イラストもなんだかよい具合いに気持ち悪い虫たちで、人に押しつけたい気分を盛り上げます!
7点
KIRAっきぃ 【プレイ回数:11回以上】騙してやるぜっ!的な勢いでプレイ開始するも、「キョドっているのがばれた!?」「かえって堂々と出すとわざとらしいか」などと、自問自答モードが加速する。私は。毎回負けてたわけではないが、なんか苦手意識があるので6点って言いたいが、黒とカラーのコントラストが良い雰囲気をかもし出している点や、ルールの分かり易さ、他者との関わり点で加点で。(2011.11) 7点

【ザックリなゲーム解説】

  • カードには8つの害虫(コウモリ、ゴキブリ、ネズミ、クモ、ハエ、カエル、サソリ、カメムシ)が描かれています。ゴキブリポーカー 手描きイラスト
  • カードを手札から裏向きに出して、「カメムシですっ!」などと、8種の虫の名を言います。カードに描かれている虫でも違う虫でもOK。
  • カードを押し付けられた人は、「カードを見て、虫の名(嘘でも本当でも)を言って他の誰かへまわす」or「前の人が言った虫かどうかを言って捲る」ことができます。「これはカメムシですっ!」or「カメムシじゃありませんっ!」など。
  • 「言って捲った」結果、嘘を見破っていれば嘘を言った人の場札に害虫が。
  • 最後に回ってきた人は「言って捲る」ことしか選択できない。
  • 見破れなかったら自分の場札に。同じ虫の場札が4枚揃った人が負けです。

以上です。他にも細かい部分ありますが、ザックリですので。ごめんなさい。

このボードゲームへのコメントは下記へお願いいたします(承認制です)

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サイト内検索

更新情報 on My Twitter

Follow @Megami_BoDoGe (214 followers)

今日の訪問者

Visits today: 51
Visitor Online: 0

女神ボドゲのオススメ★


カードスリーブ ソフト
ボードゲームには、けっこうカードが入っていることが多いんですよね。ドミニオンやサンダーストーンなど、カードが何百枚も入っているゲームも。そんなカードたちを優しく守ってくれるのが、このカードスリーブ。ボードゲームの使用感がイイ!って場合もあるんですが、わたしたちはお酒や食事をしながらプレイするので、カードスリーブは必須です^^;


ボードゲームカタログ
オシャレで見やすいデザインでボードゲーム・テーブルゲームの数々を紹介している。一つ一つの解説は短いものの、よく表現されていると思う。ソファーでくつろぎながら、パラパラっと読めるのがいい。

カテゴリー

Blog Ranking

人気ブログランキングへ
↑ブログランキングに登録しております。クリックよろしくおねがいします☆