世界の七不思議拡張 都市/Cities レビュー

10月 9, 2013 by     No Comments    Posted under: サ行


世界の七不思議 都市 メイン画像

世界の七不思議拡張 都市/Citys

プレイ人数:2~8人対象年齢:10歳以上平均プレイ時間:30分~40分
 

 

 

世界の七不思議:都市/Citiesは、数々のボードゲーム賞を受賞した「世界の七不思議」の拡張セットです。

新たに都市カードと呼ばれる27枚の建造物が追加され、また二つの七不思議ボードなども追加されました。
(リーダーカードも追加されていましたが、第一拡張「指導者たち」を持ってないので私たちは未プレイです)

めい めい 仮画像 【プレイ回数:4~5回】外交によって、アルの軍事国家からの攻撃を華麗にスルー。|_-))))。。。。よしっ、あっちにいったぞ。みんなにお金を払わせるカードで意地悪もできるようになったし。さらに幅が広がって、楽しくなりました。欲しいカードがいっぱいありすぎて、次に回せない。”あいつにやるくらいなら、全部食べてやる!め゛え~!!”、と思う今日この頃。(2013.10) 9点
元々のん 元々のん 仮画像 【プレイ回数:3回】変わらぬ安定感!ぷらす、他都市への意地悪や和平交渉、お向かいさんとの戦闘など、以前にはなかった攻撃性の満喫が可能…。 新都市の人気と効果にジェラシー…でも、拡張カードは一枚だけ・和平交渉ゼロ回・戦闘負け続けでも2等賞!たぶんヨソでつぶしあいがあったおかげ(笑)。今までの都市とカードの価値がちゃーんと保たれているのが◎。新しいものだけが飛びぬけて強いとちょっとね。(2013.9) 9点
アルコリック 【プレイ回数:4~5回】黒いカードと新しい都市が増えたことで戦略に拡がりが出て面白い。今までは両隣の動向のみに注意を向けていればよかった。全体に影響を及ぼすカードの効果が出てきたので、全プレイヤーに目を向ける必要が。「和平交渉」なる軟弱者に有利な効果が加わったことで、軍事大好きな私は戦争できずに「ちぇっ、つまらない。軟弱者どもめ!」と悪態をつくことも...まっ、その隣に戦争しかけられるからいいんですけど (2013.10) 8点
KIRAっきぃ 【プレイ回数:4~5回】お金を払わせて、払えない人にマイナス点を与えたり、技術カードをコピーしたりと、面白いカードがいっぱい~。他プレイヤーとの駆け引きがうまれ、楽しくなった感じです。お金が厳しくて資源が借りられず、やりたいことができないー(>_<)って状況にもなっちゃったりしますが。和平交渉ができるカードは個人的に嬉しい!これで科学技術に専念できます!(2013.9) 9点

【追加された要素概要です】

  • 8人まで遊べるようになりました。
  • 「外交」ができるようになり、外交カードをプレイすれば戦争に参加しないですむようになりました。
  • 自分以外のプレイヤーにお金を銀行に支払わせるカードが加わりました。
  • 「借財」トークンが加わり、お金を払えない時に取得するようになりました。足りなり1金につき「借財」トークン1つ。ゲーム終了時に「借財」トークン1つにつき勝利点-1点です。
  • アイマスクカードで、隣の技術カードをコピーできるようになりました。
  • などなど、たくさんの新要素が加わりました!(まだまだあります)

 

このボードゲームへのコメントは下記へお願いいたします(承認制です)

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サイト内検索

更新情報 on My Twitter

Follow @Megami_BoDoGe (219 followers)

今日の訪問者

Visits today: 5
Visitor Online: 0

女神ボドゲのオススメ★


カードスリーブ ソフト
ボードゲームには、けっこうカードが入っていることが多いんですよね。ドミニオンやサンダーストーンなど、カードが何百枚も入っているゲームも。そんなカードたちを優しく守ってくれるのが、このカードスリーブ。ボードゲームの使用感がイイ!って場合もあるんですが、わたしたちはお酒や食事をしながらプレイするので、カードスリーブは必須です^^;


ボードゲームカタログ
オシャレで見やすいデザインでボードゲーム・テーブルゲームの数々を紹介している。一つ一つの解説は短いものの、よく表現されていると思う。ソファーでくつろぎながら、パラパラっと読めるのがいい。

カテゴリー

Blog Ranking

人気ブログランキングへ
↑ブログランキングに登録しております。クリックよろしくおねがいします☆