祈り働け Ora et Labora レビュー

3月 31, 2013 by     No Comments    Posted under: ア行


祈り働け:メイン画像

祈り働け Ora et Labora

プレイ人数:1~4人対象年齢:12歳以上プレイ時間:2時間~3時間
 

 

 

「祈り、働け」は、中世の修道院の運営(周辺の土地開拓・施設建造含む)を行うボードゲームです。

「アグリコラ」「ル・アーブル」などを手掛けたUwe Rosenbergの作品です(リンク:amazon)。

ゲーム中に建設する建物などの種類が違う2つのステージ(アイルランド、フランス)が用意されています。
また、プレイ時間を短めにしたい時のために、ショートゲームも用意されています。

めい めい 仮画像 【プレイ回数:3回】どの資源をいつ取るか、どんな地形をつくり、どの建物をどこに建てるか。小さい選択と大きい選択の連続。おまけに人が建てた施設まで使えちゃう。選択肢が多すぎて逆にストレス。超真剣に遊ばないと太刀打ちできない。やる気があるうちはいいけど、飲んだくれると“うぎゃ~!!めんどくさい!!”とキレそうになることも。でも、嫌いじゃないです。人の前にある建物カードも把握しないといけないので、目が悪い人には酷かな。(2013.3) 8点
元々のん 元々のん 仮画像 【プレイ回数:3回】難しい。自分の土地・建物のみで何とかしようと引きこもるよりは、他所にあるおいしいアクションを把握し、労働契約で貪欲に使うのがいいみたい。それだけ目配りや考えることが増えて疲れるけど…。がんばろう。見かけ魅力的な 奇跡や豪邸にこだわる必要はなさそう(?)。スタート時は意気揚々⇒中盤からはまさに頭脳修行・精神修行の域! だけど悲壮感はないから楽しい♫(2013.3) 7点
アルコリック 【プレイ回数:4~5回】う~ん、難しい!悩む!村をどう置くと効率的?!土地何にする?!欲しい資源にするか、おいしいのにするか?!etc しかし、この悩ましい感じがよい。くせになる。ψ(`∇´)ψ ワインやウィスキーに釣られて他プレイヤーの牧師様が働いてくれる。なんなら奇跡も起こすし、偽造もしちゃいますョ。そんな牧師様たちが大好きです。そうか!ワインは牧師様にとっては聖なるものかぁ~だから張り切ってくれるんだな(2013.3) 8点
KIRAっきぃ 【プレイ回数:4~5回】だんだんと自分の土地に建物が建って発展していくのが楽しい~。資源も建物も色々な種類があって◎ ステージも2種類あるし、ショートとロングのゲームでも違ってくるので、いろいろ楽しめる。イイ感じの人の建物に目を付けて使ったり、建物の効果で別の建物を使ったりと、試行錯誤して自分なりのプレイを楽しめると思う。村の配置など先読みが楽しい時もあれば、「考えるのもう無理!」ってこともある。(2013.3) 8点

祈り働け:手書きイラスト

このボードゲームへのコメントは下記へお願いいたします(承認制です)

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サイト内検索

更新情報 on My Twitter

Follow @Megami_BoDoGe (218 followers)

今日の訪問者

Visits today: 38
Visitor Online: 0

女神ボドゲのオススメ★


カードスリーブ ソフト
ボードゲームには、けっこうカードが入っていることが多いんですよね。ドミニオンやサンダーストーンなど、カードが何百枚も入っているゲームも。そんなカードたちを優しく守ってくれるのが、このカードスリーブ。ボードゲームの使用感がイイ!って場合もあるんですが、わたしたちはお酒や食事をしながらプレイするので、カードスリーブは必須です^^;


ボードゲームカタログ
オシャレで見やすいデザインでボードゲーム・テーブルゲームの数々を紹介している。一つ一つの解説は短いものの、よく表現されていると思う。ソファーでくつろぎながら、パラパラっと読めるのがいい。

カテゴリー

Blog Ranking

人気ブログランキングへ
↑ブログランキングに登録しております。クリックよろしくおねがいします☆