ロストレガシー Lost Legacy レビュー

8月 22, 2013 by     No Comments    Posted under: ラ行


ロストレガシー:メイン画像

ロストレガシー Lost Legacy

プレイ人数:2~4人対象年齢:10歳以上平均プレイ時間:10分

 

 

 

たった16枚のカードをやり取りしながら、失われた遺産カードを探すボードゲームです。

一つのセットに「基本セット:星を渡る船」、「拡張セット:空中庭園」が含まれています。

めい めい 仮画像 【プレイ回数:11回以上】重いゲーム間のリフレッシュとして、ゲーム会終わりのストレッチとして。短時間で何回もできるので、皆があっという間にゲームの肝を学び、読み合い・騙し合いが加速。自分にだけにカードの位置分かるようにこっそりシャッフルしてたはずなのに、周りもじっ~と見つめていたり。もう手品を習得して臨むしかない。番人とか呪いとかが入った拡張の方がさらに面白い。私、アルを手番なしで仕留めてやりましたよ。ふふふ。(2013.8) 7点
元々のん 元々のん 仮画像 【プレイ回数:11回以上】少ないカード数でもこんなに楽しめるのは画期的かと。 みんなの視線鋭く、探り合いが緊張感あるけど、すぐ終わるから適度な感じ。スタート時にレガシーを入手することの多い私(ニンマリ) だけど、タイミングよく手放す方がベターのよう。所有者ではなく、最初に言い当てた人が勝者という条件がゲームを面白くしてる印象。一味ちがう拡張版もすてき♪ (2013.6) 9点
アルコリック 【プレイ回数:11回以上】カードはたった16枚なのに!所要時間も短いのに!プレイヤー間の読み合いがしっかりあって、十分にやった感が味わえるゲーム。レガシーの場所や他プレイヤーの持っているカードがわかると、思わずニヤニヤしてしまうψ(`∇´)ψ 他プレイヤーの動きも逐一見ていると楽しい。目が合うと、ポーカーフェイスを試みたり、頷きあったりと、そこには微妙な空気感が生まれる。いやいや楽しいゲームです。(2013.8) 7点
KIRAっきぃ 【プレイ回数:11回以上】16枚。すげーなぁ。4人プレイが一番面白いかな。始めてプレイした時にはわからなかったことが、プレイを重ねることで見えてくる。他の人の行動からいろいろなことがわかるのが楽しい。ゲーム序盤に脱落すると残念だが、一ゲームが短いし、やりとりが面白いので待ってられる。拡張は「呪い」カードが楽しかった!携帯にも便利だし、サクッと終わるわりには楽しめるしイイ!(2013.8) 9点

【ざっくりなゲーム解説です】

  • 16枚の山札を作って場の中央に置き1枚は遺跡として別にしておきます。
  • 山札から、プレイヤーに手札1枚を配布します。
  • プレイヤーは自分の手番に山札から1枚カード引いた後、手札から1枚捨てます。
  • 捨てることでカードに書かれた効果が発動します(しないものもあります)
  • 効果が適用されたら、次のプレイヤーの手番になります。効果が適用されたことによって脱落するプレイヤーが出る場合があります。この段階で、プレイヤーが1人だけ残った場合は、その人の勝利です。
  • 山札が全て無くなったら「探索フェイズ」となり、手札のカードの番号が一番小さい人から、「失われた遺産」がどこにあるのかを当てていきます。当たったらその人の勝利です。

このボードゲームへのコメントは下記へお願いいたします(承認制です)

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サイト内検索

更新情報 on My Twitter

Follow @Megami_BoDoGe (219 followers)

今日の訪問者

Visits today: 5
Visitor Online: 0

女神ボドゲのオススメ★


カードスリーブ ソフト
ボードゲームには、けっこうカードが入っていることが多いんですよね。ドミニオンやサンダーストーンなど、カードが何百枚も入っているゲームも。そんなカードたちを優しく守ってくれるのが、このカードスリーブ。ボードゲームの使用感がイイ!って場合もあるんですが、わたしたちはお酒や食事をしながらプレイするので、カードスリーブは必須です^^;


ボードゲームカタログ
オシャレで見やすいデザインでボードゲーム・テーブルゲームの数々を紹介している。一つ一つの解説は短いものの、よく表現されていると思う。ソファーでくつろぎながら、パラパラっと読めるのがいい。

カテゴリー

Blog Ranking

人気ブログランキングへ
↑ブログランキングに登録しております。クリックよろしくおねがいします☆