スタンプス レビュー Stamps Review

11月 10, 2011 by     No Comments    Posted under: サ行


Stamps image01

スタンプス Stamps

プレイ人数:3~5人対象年齢:10歳以上平均プレイ時間:45分

 

 

 

スタンプスは、各プレイヤーがアンティーク切手収集家となり、オークションへ参加し、切手を安く買って高く売るゲームです。
ボードゲーム作家ライナー・クニツィアの“モダンアート”を元にリメイクされたゲームです。

めい めい 仮画像 【プレイ回数:2回】ルールは入りやすい。が、戦略はたてにくい。意外と考えさせら れるゲーム。セリの疑似体験が楽しくて、思わず、自分のふろこ ろ具合を忘れてしまったり。負けても楽しめるゲーム。(2011.9) 8点
元々のん 元々のん 仮画像 【プレイ回数:2回】パッケージデザインやカードが、おしゃれでステキ♪ お菓子箱のようです。バッグに入れても恥ずかしくない。ルールも分かりやすく、みんなでワイワイ楽しみながら、やりとり(かけひき)にワクワクできます。 勝ち方がまだよくわからない・・・。私にはまだ理解しきれないところがある。気分がゲームに乗りきれない今はちょっと減点。(2011.9) 7点
アルコリック 【プレイ回数:2回】誰よりも、高くて素敵な、切手が欲しい!と、物欲、虚栄心に駆られるゲーム。それが面白い。しかし、その物欲、虚栄心に駆られると、あっというまにお金がなくなって、オークションに参戦できず~ ・゜・(ノД`)・゜・。
うまく買わせつつ、欲しいものをGETするのが難しい~!(2011.9)
7点
KIRAっきぃ 【プレイ回数:2回】全ての札のサイズが同じで、デザイン良し。にぎりオークションは、童心にかえったような楽しさがある。他者との接点多く、盛り上がる。自分が高値にしたい切手種を集めつつ、他者に同じ種類を買ってもらい、「アイツはこれで協力者。しめしめ」的思惑や、「あいつの集めた切手を価値無しに!!」的な思惑プレイが楽しい。(2011.9) 8点

【ザックリなゲーム解説です】

  • 切手には5種類の絵柄があり、1種類の切手の5枚目がオークションに出品されたらシーズン終了。
  • 買い取った切手は手札にならず、シーズンごとの価格決定後にすべて銀行に買い取られる(お金になる)。
  • シーズンごとの価格決定は、一番売れた種類順に決まる。5種類のうち、一番売れたら3千円、次が2千円、3位が千円。4,5位はゼロ円(ToT)/スタンプス手描きイラスト
  • 一番売れた切手をオークションで落札していれば(・∀・)イイ!! のだ。ただし、当然買い取ってもらえる金額以下で。
  • シーズンを重ねるごとに、買い取り価格は積み重なっていく。例えば、植物の切手が1シーズン目に一番売れたら1枚3千円。2シーズン目も一番売れて3千円だが、1シーズン目の価格も加えて6千円になる。
  • ようは、他の人が売りに出した切手を安く買って、シーズン終了後に高く買い取ってもらえばお金は増えていく。
  • 切手の額は一番出回った種類の切手が高く売れるのだっ。

以上です。要点しか書いてませんので、詳細は他Webページなどで^^;

このボードゲームへのコメントは下記へお願いいたします(承認制です)

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

サイト内検索

更新情報 on My Twitter

Follow @Megami_BoDoGe (213 followers)

今日の訪問者

Visits today: 36
Visitor Online: 2

女神ボドゲのオススメ★


カードスリーブ ソフト
ボードゲームには、けっこうカードが入っていることが多いんですよね。ドミニオンやサンダーストーンなど、カードが何百枚も入っているゲームも。そんなカードたちを優しく守ってくれるのが、このカードスリーブ。ボードゲームの使用感がイイ!って場合もあるんですが、わたしたちはお酒や食事をしながらプレイするので、カードスリーブは必須です^^;


ボードゲームカタログ
オシャレで見やすいデザインでボードゲーム・テーブルゲームの数々を紹介している。一つ一つの解説は短いものの、よく表現されていると思う。ソファーでくつろぎながら、パラパラっと読めるのがいい。

カテゴリー

Blog Ranking

人気ブログランキングへ
↑ブログランキングに登録しております。クリックよろしくおねがいします☆